学校法人 樟蔭学園 理事長 森 眞太郎

樟蔭学園は1917(大正6)年の創立から一貫して女子教育に取り組み、2017(平成29)年に創立100周年を迎えることができました。

本学園では、この創立100周年を「新たな100年に向かってのスタート地点」ととらえ、2013(平成25)年度より、教育環境の充実や整備など様々な100周年記念事業を行ってまいりました。この記念事業に必要な資金を多くの皆さまからご支援いただき、2億円の目標金額を達成することができましたこと、厚く御礼申し上げます。

皆さまからいただいたご寄付は、「新しいデジタル社会」への加速を見据えたICT環境の整備、キャンパス統合による小阪キャンパスの施設・設備の整備、さらには奨学金制度の拡充など、教育内容の向上、教育環境の充実を目的とした事業展開のために有意義に使わせていただいております。それにより、多くの新たな実りがもたらされることを願っています。

女性の社会的立場が著しく変化したこの激動の100年。10万人以上の卒業生を社会へ送り出し、そして彼女たちが社会で活躍しているというその事実からも、創立者の想いを今一度私たちが受け止め、次なる一歩を踏み出し、次代に誇れる学園として、さらなる飛躍を遂げていきたいと考えております。

最後になりましたが、この記念すべき節目の時を、皆様と共にわかちあい、お祝いできましたことを心より感謝し、更なるご鞭撻とご支援をお願い申し上げます。

学校法人 樟蔭学園 理事長 森 眞太郎

  • WEB記念帖
    創立時の樟蔭を綴った記念帖をウェブで公開しています。

    WEB記念帖

  • 登録文化財
    樟蔭の歴史を伝える3つの登録文化財をご紹介いたします。

    登録文化財