日本の社会が大きく成長した「大正デモクラシー」の時代。
民主主義が発展し、多彩な文化が花ひらく時代の中で、大阪に新たな女学校が誕生しました。
その学校の名は「樟蔭高等女学校」。

正門

創立者の森平蔵が目指したのは、真の知性と教養をもった女性を育成すること。市民の力が重要となるこれからの社会にとって「近代的で洗練された女性の育成こそがこの国に必要である」と考え、巨額の私財を投じて高等女学校を設立したのです。

創立当時の森 平蔵

設立当時の森平蔵

当時の女子教育の環境は未熟であり、小学校を卒業した後に進学する高等女学校の数が大きく不足していました。また、資金不足により教育環境が整っていない学校が多く、女子教育の環境は決して満足のいくものではありませんでした。そのような状況を憂いた森平蔵は、充実した設備と優秀な指導者、良好な教育環境が整った高等女学校を設立することを決意したのです。

ついに誕生した日本一の高等女学校

1918(大正7)年屋内体操場

1918(大正7)年屋内体操場

森平蔵が設立を目指した「樟蔭高等女学校」は1917(大正6)年12月に設置が認可され、翌年4月に正式に開校します。 樟蔭高等女学校の開校にあたって、約1万3千坪の敷地に延べ3千坪の立派な校舎が建設され、教育のための設備や機器類、貴重な標本や図書なども豊富に揃えられました。その教育環境の充実ぶりは、当時の他校と比較して明らかに突出しており、当時の新聞等でも「日本一の女学校」と表現されるほどでした。

創立当初の理事・関係者

創立当初の理事・関係者

教育面では、各地から優秀な教員が集められ、当時の女子教育に手薄であった教養教育を充実させるとともに、実験や実習を豊富に取り入れた教育を実践し「真に知性と教養をもった女性」の育成が図られました。

創立当初の服装

創立当初の服装

また、樟蔭生の制服には別注で染め上げた深緑の袴が採用されました。大軌鉄道(現:近鉄)には樟蔭生のための通学専用列車が走り、深緑の袴姿で通学する女学生の姿は当時の女性の憧れの的だったといいます。

女性の最高教育機関であった女子専門学校を開校

当時の日本は、女性が大学に入学することが認められていない時代。女性のための高等教育は女子専門学校が担っていました。全国で中等教育が発展する一方で、中等教育の学校で指導する教員が不足し、女性教員を養成する女子専門学校の設立が求められるようになります。

東京旅行(森別邸にて 高女1回)

高女1期生の東京旅行(森別邸にて)

このような時代背景をもとに、樟蔭においても1926(大正15)年に樟蔭女子専門学校を開校し、技芸・家政・国文の3つの学科が設置されました。しかし樟蔭女子専門学校では、教員の養成という目的だけに留まらず、女性の人格と教養を更に磨くことによって女性の地位を向上させることを念頭に教育が行われました。

通学専用電車の様子

通学専用電車の様子

樟蔭女子専門学校の誕生により、遠方からの入学生も増え、学園内に建てられた寮には全国から集まった女学生たちで賑わいました。

百年の歩み

100周年記念募金のお申し込み

  • WEB記念帖
    創立時の樟蔭を綴った記念帖をウェブで公開しています。

    WEB記念帖

  • 登録文化財
    樟蔭の歴史を伝える3つの登録文化財をご紹介いたします。

    登録文化財